お酒にまつわる話

日本酒は、なぜ冬に仕込むの?

投稿日:

寒い冬は、多くの酒蔵さんで日本酒を仕込んでいる真っ盛りな時期。
そして出来たてのお酒が、私たち酒屋のもとへ届けられます。

 

日本酒は「寒仕込み(かんじこみ)」といって、10月後半から3月くらいまで仕込んでいます。

 

日本酒を冬に仕込む3つの理由

なぜ?

それには3つ理由があるのです。

①原料の「お米」が秋に収穫されるから

 

②働く人を集めやすかったから
以前、冬は農閑期となり蔵人(くらびと:冬の間だけ酒蔵で働く人)を集めやすかったことがあります。

現在はそうではない蔵元さんもあります。

雪の多い地方に出稼ぎの杜氏集団が多いのも、これが理由です。

 

③醗酵(はっこう)に向いているから
日本酒は麹菌(こうじきん)など微生物の働きによってつくられますが、温度が高いと雑菌が繁殖してうまく発酵が進みません。

低温でゆっくりと時間をかけて発酵させると、質の良いうまい酒に。

お酒をつくる微生物が働きやすいのが、低温、つまり冬の時期なのです。

詳しくは、こちらもご覧ください。
寒造りの確立と杜氏の発生(江戸時代)

中澤酒店
中澤酒店への連絡は電話かLINE@(24時間受付中)が便利です!

LINE@

-お酒にまつわる話

Copyright© なかざわ酒店 , 2019 All Rights Reserved.