取扱商品について

自宅にビールサーバーを設置した時に感じる5つのデメリット

投稿日:

(設置したところを前から見た写真)

 

自宅にビールサーバーを設置してみた

昨年の話ですが、自宅にビールサーバーを設置してみました。

自分で試して、どんな使い心地か確かめると、お客様にも説得力が増すと考えて設置。

 

また、子どもたちの誕生日会をするので、みんなでワイワイと生ビールを飲んで楽しもうと思ったのもあります。

実際に使って感じたデメリットを書いてみます。

(ビールサーバーを横からみた写真)

ビールサーバーを設置して感じた5つのデメリット

その1:音が結構大きい。

いかんせん、冷えて氷が張るまでは音が大きかったです。

夜中に冷やす音が響き、子どもたちが起きた時もありました。

 

6時間ほどで氷が張ったあとは、音は小さくなりました。

この時は、気にならないレベルの音に。

しかし、生ビールを何杯か注いだあと、少しサーバー内の温度が上がるようで、再度冷やすタイミングになると、音が大きくなりました。

 

その2:熱が出る

天板と後ろのほうから熱が出ました。

思いっきり熱い!というわけではないですが熱は発生します。

その3:置くスペースを取る

(設置した時のイラスト。寸法は実測なので正確ではありません)

まず、上からみると全体で50㎝四方のスペースが必要でした。

ホームビールサーバー、生ビールの樽、ガスボンベ、の3点を置くスペースです。

 

また、高さは88㎝で、身長が174㎝の私の腰あたりの高さでした。

今回は、ウォーターサーバーの隣に置きました。

 

その4:味わいについて

生ビールはグラスなどに注ぐときに、うまく泡を作らないと、味わいがおいしくありませんでした。

 

泡が消えると苦味が出てきて、おいしくなくなっていきました。

生ビールの泡を作るコツは、また別の記事で書きます。

 

例えば、下の写真のように泡ができるとおいしく飲めました。

(プラコップに生ビールを注いだところ)

その5:消費電力について

これは単体で計測していないので、正確なことは書けませんが、調べたところ次のような感じでした。

機種や生ビール樽の容量によっても変わってくるかと思いますが、定格消費電力は約0.2kwといったところ。

1日中つけっぱなしにしておいた場合の消費電力量は0.2×24=4.8kwhとなり、1kwを20円とすると、1日の電気代は96円。

毎月3,000円程度かかると考えて良いそうです。

なお、電気代を詳しく計算したいときは、次のサイトが参考になります。

電気代の計算方法

 

以上、今回はビールサーバーを実際に設置・使ってみてのデメリットを書いてみました。

 

中澤酒店
中澤酒店への連絡は電話かLINE@(24時間受付中)が便利です!

LINE@

-取扱商品について

Copyright© なかざわ酒店 , 2019 All Rights Reserved.