お酒にまつわる話

「酔う」という意味の四字熟語いくつ知ってますか?

投稿日:

お酒を飲むと気分がほんわかとなりますよね。

緊張していた気分もほぐれ、明日からの仕事などまた、がんばれそうです。

そんな気分になってもらえるお手伝いがしたいな、と考えながら日々仕事をしています。

がしかし、飲みすぎると翌日がたいへんなことになるかもしれません。

酔うにまつわる熟語 14個

さて、今回は酔うことにまつわる熟語を集めてみました。

 

【一觴一詠】いっしょう-いちえい

酒を飲みながら詩を歌って、風流に楽しむこと。

ひとさかずきの酒を飲み、一つの詩を歌う意から

 

【一酔千日】いっすい-せんにち

非常にうまい酒のたとえ。

少し飲んでひと酔いしただけで、

心地よくなり千日も眠るという意味

 

【羽化登仙】うか-とうせん

酒などに酔って快い気分になることのたとえ。

天にも昇る心地。羽が生え仙人になって、天に昇るという意味

 

【曲水流觴】きょくすい-りゅうしょう

屈曲した小川の流れに杯を浮かべ、

それが自分の前を流れ過ぎてしまわないうちに詩歌を作り、

杯の酒を飲む様子

 

【鯨飲馬食】げいいん-ばしょく

むやみにたくさん飲み食いすること。

一度にたくさんのものを飲み食いすること

鯨のように飲み、馬のように食べるという意味

 

【酔眼朦朧】すいがん-もうろう

酒に酔ってとろりとした目付きになり、

頭もぼうっとして、辺りの物がはっきり見えないさま。

 

【浅酌低唱】せんしゃく-ていしょう

ほどよく酒を味わい飲みながら、

小声で詩歌を口ずさんで楽しむこと

きれいな酒飲みの例え

 

【樽俎折衝】そんそ-せっしょう

宴会でなごやかに交渉し、うまく話を運ぶこと。

「樽」は酒だる、「俎」は料理をのせる台の意味

 

【箪食壺漿】たんし-こしょう

食べ物・飲み物を用意し、軍隊を歓迎すること。

また広く、歓迎することをいう。

 

【置酒高会】ちしゅ-こうかい

盛大に酒宴を催すこと。

また、酒宴のこと。

「置酒」は酒宴を開くこと。

「高会」は盛大な宴会のこと。

 

【杯盤狼藉】はいばん-ろうぜき

酒宴で、あたり一面に杯や皿が散らかっていること。

また、宴会の乱れたありさま。

 

【放蕩無頼】ほうとう-ぶらい

酒色にふけり、勝手気ままに振る舞って品行の定まらないさま。

「放蕩」はほしいままに振る舞うこと。

 

【柳巷花街】りゅうこう-かがい

酒色を供することを職業とする遊郭・色町のこと。

「柳巷」は柳の木を並べて植えてある街路のこと。

 

【流連荒亡】りゅうれん-こうぼう

遊興や酒色にふけって家庭を顧みず、

仕事も放棄して無為な暮らしを送ること。

 

お酒の飲み方によっては風流にもなるし、

ひどく酔っ払いにもなるし、昔から変わらないんですね。

 

 

 

中澤酒店
中澤酒店への連絡は電話かLINE@(24時間受付中)が便利です!

LINE@

-お酒にまつわる話

Copyright© なかざわ酒店 , 2019 All Rights Reserved.